Concept 私達はこのようなコンセプトで本物の洋服作りを続けています

注文服の味は心の満足

“着心地がよく、自分の個性、好み、体型にぴったりあった仕立のよい服を着る”。ここに注文服の本当の妙味があります。本物の注文服は、地味で目だたない中にもきらりと光る何かがしっかりと自己主張をしてくれます。また、“本物を着ているんだ”という満足感は、決して既製服では味わうことのできない付加価値です。
昨今は郊外型の大規模な量販店やスーパーが、超低価格の既製服を販売しています。背広をただ単に作業服、消耗品として捉え、着られればいい、という程度に考えるのであれば、一着3~4万円も払えば、そこそこのものが手に入るでしょう。一方では高額既製服、直輸入の有名デザイナー・ブランドの既製服もあります。価格は20~30万円と高級注文服程のものも珍しくありません。しかしこの両者の間に基本的な違いはありません。ともに個々のデータに基づいて作られたものではなく、いずれもマスから得た平均値に基づいて作られた服なのです。そこには製作者の作品に対する愛情もなければ、職人が個々のお客様のために丹精込めて縫い上げるという心もありません。3万円であろうと30万円であろうとしょせん既製服は既製服、お客様お一人お一人のために、一針一針丹精込めて縫い上げる注文服とは、基本的なコンセプトがまったく違うものなのです。もしこの二つの既製服に違いがあるとすれば、一方はノンブランドで素材は廉価なもの、もう一方は有名ブランドで素材も高級服地、だから片方は低価格でもう片方は高価格。ただ価格の違いだけなのです。

  • 1.誂える時代から買う時代へ
  • 2.サイズのあった背広ならよいのか
  • 3.注文服の味は心の満足
  • 4.注文服の価値は技術料、安心料そして満足料
  • 5.いいものを長く愛用する
Page top