Tailoring Class 縫製技術者の育成

カリキュラム Curriculumカリキュラム Curriculum

年間240回の授業で紳士服の縫製技術の基本を習得する為の教室です。
縫製の基本を習得しながら、どうすればより良い縫製が出来るかを考える力を養います。
専門学校で習う技術とは一味違う"プロの技術"を身に付けて頂くのが目的です。
コースで課題を終了した修了生には、修了証を差し上げます。また、技術の完成度により弊社に就職の道が拓けています。

講師 髙橋洋服店の一線で活躍したベテランの技術者が専任で縫製指導にあたります。
また出来上がった作品には現役の裁断師による講評があり、問題点を指摘されたのち、次回の作品を制作する為の注意が与えられます。
また、折に触れて店主である高橋純による、洋服に関する歴史の話や考え方を聞くことができるのも大きな魅力です。
資格 特に規定はありませんが、専門学校卒業程度の経験があるのが望ましいでしょう。
入室申し込み 随時受け付けますが、定員になり次第締め切ります。
選考 必要書類を提出して頂いた後、面接を行い、入室者若干名を決定致します。
開講日 4月第1週 (年毎に詳細を別途お知らせ致します。)
受講日時 月曜日から金曜日 1週間に5回
(月20回 年間240 合計1200時間程度の予定)
10:00a.m.〜4:00p.m.
授業料 年間 900,000円 (消費税別 全納・4月・8月・12月 3回の分納も可能)
施設維持費 50,000円(消費税込)
入室金 入室が許可になった方には、入室金として50,000円を納入して頂きます。
後日この入室金は、施設維持費に振り替えますが、万一入室辞退の場合は、返却致しませんのでご承知おきください。
その他の費用 材料費は各自負担して頂きます。弊社が素材を無償で提供して差し上げられる場合もありますが、気に入った生地が無い場合は見本帳から気に入ったものを格安で購入できます。また、どこか他のところで購入するのも自由です。
道具 ミシン・アイロン等の大きい道具は弊社が用意します。
指抜き・鋏・目打ち・針山等の小さい道具は各自用意して下さい。
自宅での作業用に各自でミシン・アイロンと作業が出来る程度の台位は用意されることをお薦めします。

授業内容授業内容

課題
1.運針
  • 躾(置き躾)
  • 切り躾
  • まつり(縦まつり 斜めまつり 奥まつり 渡しまつり)
  • 星(抜き星 すくい星)
  • ぐし縫い
  • からげ縫い(からげ縫い あやからげ 空からげ)
  • 千鳥掛け
  • 返し縫い(本返し 半返し)
  • 穴かがり
2.ミシン縫い
  • 2分地縫い
  • 飾りミシン
3.部分縫い
  • ポケット各種(片玉縁 両玉縁 モミ玉縁 南京玉縁)
  • ズボン縦ガクシ(並 斜め)
  • ループ 尾錠 フラップ 天狗
4.本縫いに近い工程を体験するための部分縫いとして、半ズボンの作成。
  • 脇入れ ウエスマン(ウェストバンド)作り・付け 小股入れ
  • チャック付け 尻入れ まとめ
5.トラウザーズ仮縫い
 
6.トラウザーズ本縫い 4足以上
 
7.部分縫い 箱ガクシ
 
8.ジャケット仮縫い
 
9.ジャケット本縫い 4枚以上
 

Page top